読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notatione digna?

岡山大学でドイツ地域を中心に西洋史(中世史)を研究している大貫俊夫のブログ。

フィリップ・ドランジェ『ハンザ 12-17世紀』

お世話になっている方々から相当数の本を頂戴しているにも関わらず、なかなか目を通すこともできずにご無礼・不義理を通しておりました。この間出版されたヨーロッパ中世史関連の専門書のうち、まず本書を取り上げておきたいと思います。献本ありがとうございました。

f:id:barbarossa0728:20170303045606j:plain

フィリップ・ドランジェ/高橋理監訳『ハンザ 12-17世紀』みすず書房、2016年

共訳者:奥村優子、小澤実、小野寺利行、柏倉知秀、高橋陽子、谷澤毅

 

 ハンザ史の基本書Philippe Dollinger, La Hanse (XII-XVIIe siècle), Paris 1988の全訳。これで(ようやく)ハンザの基本的な知識をおさらいすることができます。ドランジェはアルザス史やバイエルン史で多く研究を残していますが、あとがきを読むと、ハンザ史に関しては限られているとのこと。これには少しばかり驚きました。

 

ハンザ 12-17世紀

ハンザ 12-17世紀