読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notatione digna?

岡山大学でドイツ地域を中心に西洋史(中世史)を研究している大貫俊夫のブログ。

人文学入門演習スタートしました

今年は1年生のガイダンス授業を担当することになっていて、前期は「人文学の基礎」という名前で少人数のゼミをやりました。なかなか盛り上がり、最後に提出してもらったレポートを先日ほぼ全員に返却しました。

「人文学の基礎」は学生の関心のある領域に関係なかったのですが、今学期開講した「人文学入門演習」は同僚の古松先生と一緒に東洋史・西洋史に関心のある学生が集まってくれました。26人が希望してくれて、セミナー室はキツキツ。代わりの部屋もないそうなので、やむを得ずこのまま行くことに。

授業で扱う教科書はこれです。

歴史 ― HISTORY (〈1冊でわかる〉シリーズ ― Very Short Introductions日本版)

歴史 ― HISTORY (〈1冊でわかる〉シリーズ ― Very Short Introductions日本版)

 

 これは1年生が読むには最適の本だと思います。1回あたり1章読み進め、授業ではディスカッションを行います。これに加えて史料論、日本における東洋史学・西洋史学の成り立ち、グローバル・ヒストリー、といったテーマに関する論文を追加して密度濃く「外国史」を勉強・研究する仕方とその意味を身に着けていこうというのが趣旨です。 こういうのを体系的にやるのはなかなか難しいですが、それでもある程度分量をこなさないと「やった」という気になれません。文献を読むのは初めはしんどいかもしれませんが、ペースをつかんだら無理なくついてこられると思います。

この授業ではさらに岡山県下にある有名な美術館を2ヶ所訪問します。

①オリエント美術館(岡山市


大原美術館倉敷市


訪問レポートも追って掲載しようと思います。

半年間、どうぞよろしくお願いします。