notatione digna?

岡山大学でドイツ地域を中心に西洋史(中世史)を研究している大貫俊夫のブログ。

シトー会修道院マリエンフェルト

中世修道院研究に関連して最近の文献を紹介しております。

Wilhelm Kohl, Das Bistum Münster 11: Die Zisterzienserabtei Marienfeld (Germania Sacra, 3. Folge 2), Berlin/New York 2010.

Germania Sacra: Die Bist?mer der Kirchenprovinz K?ln: Das Bistum M?nster 11, Die Zisterzienserabtei Marienfeld

Germania Sacra: Die Bist?mer der Kirchenprovinz K?ln: Das Bistum M?nster 11, Die Zisterzienserabtei Marienfeld


第3シリーズが始まっているGermania Sacra。その2巻目は1185年にミュンスター司教ヘルマン2世によって建立されたシトー会修道院マリエンフェルトです。本書の前書きで述べているように,コールはすでに96歳。それにもかかわらず精力的に本シリーズに貢献し続け,1968年以来14巻が彼の手によるもの。驚き。

ちなみに第3シリーズは現在まで5巻まで出ていて,

①ミュンスター司教区:シトー会女子修道院ザンクト=エギディイ(St. Aegidii)
②ミュンスター司教区:シトー会修道院マリエンフェルト(Marienfeld)
アウクスブルク司教区:アウグスティノ律修参事会ベルンリート(Bernried)
ヴュルツブルク司教区:1617〜1684年のヴュルツブルク司教
⑤コンスタンツ司教区:プレモトレ会修道院マルヒタール

となっています。