notatione digna?

岡山大学でドイツ地域を中心に西洋史(中世史)を研究している大貫俊夫のブログ。

文献紹介

Lexikon des Mönchtums und der Orden

今年はなるべく専門の修道院研究について、たくさん発信していきたいと思います。 昨年は予算がついたこともあって、目に付いた修道院関係のリファレンスをできる限り購入しました。そのうち幾つかを紹介していきます。 Isnard W. Frank OP, Lexikon des Mön…

ジョエル・F・ハリントン『死刑執行人 残された日記と、その真相』(柏書房、2014年)

ジョエル・F・ハリントン『死刑執行人 残された日記と、その真相』(柏書房、2014年)を、巻末の解説を書いている井上君から頂戴しました。どうもありがとうございました。 死刑執行人―残された日記と、その真相 作者: ジョエル・F.ハリントン,Joel F. Harr…

Ingrid Voss, Herrschertreffen im frühen und hohen Mittelalter

授業の準備も兼ねてIngrid Voss, Herrschertreffen im frühen und hohen Mittelalter, Köln/Wien 1987の第2章、特にそのうち盛期中世に関わる第3節を読みました。

飯田洋介『ビスマルクと大英帝国ー伝統的外交手法の可能性と限界』

岡山大学に着任する以前からこの大学の「西洋史的マンパワー」がどのような状況にあるか調べていました(岡大だけではなく県下各大学の状況もできる限り)。そこで目に留まったのはちょうど2年前に教育学研究科に着任されていた飯田洋介さん。早稲田出身でド…

2013年度前期英語(文学部)

先月から3回に渡り「英語(文学部)」という教養の授業を担当しており、明日はその最終回です。これは日東西考古で分担するもので、各分野に関連する英語論文を講読するという趣旨。普通の概説を読んでもあまり面白くないのではと思い、 Timothy Reuter, Sex…

藤川直樹「ドイツ立憲君主政における王統と国家」

昨日以下の抜刷りを落掌。感謝。 藤川直樹「ドイツ立憲君主政における王統と国家ーヘルマン・レームの公法学ー」『國家學會雜誌』126巻3・4号、101-162頁 東大法学部ドイツ法のホープである著者は、この論文の元となった修士論文で修士号を取得し、助教採用…

小倉欣一『ドイツ中世都市の自由と平和』

心底気をもむことがあり、ほぼ腑抜けと化して困っている昨今。ところが本日土曜日、妻が体調を崩したため子どもの面倒を必死に見ていると、そのことに専心するため永久機関のごとく気に病む時間が大幅に減った。まさにこれこそ天の配剤だと理解し、前向きに…

ザールブルクと城塞研究

7月半ばに、トリーアから電車で15分ほどのところにあるザールブルク(Saarburg)へ行ってきました。ザールブルクはモーゼル支流のザール川沿いにある山城で、交通の要所であることから10世紀にはすでに史料に登場します。トリーア大司教が築城し、借地契約な…

中世におけるメスのベネディクト会修道女

先日sehepunkteの最新号で書評が掲載されていたので早速購入したのがゴルドン・ブレンネマンの『中世におけるメスのベネディクト会修道女』。Gordon Blennemann, Die Metzer Benediktinerinnen im Mittelalter. Studien zu den Handlungsspielräumen geistli…

指導教授の記念論文集

6月4日に指導教授のコロキアムがあり,エルサレム大学のデイヴィッド・ジャコビーが講演を行いました。すでに80を超える大学者で,戦時中はドイツの強制収容所にいたこともあり,戦後イスラエルに亡命した人。テーマは「東地中海におけるギリシア語を話すロ…

『法の流通』

2009年、鈴木秀光・高谷知佳・林真貴子・屋敷二郎編『法の流通』(慈学社)に「ドイツ王権による修道院保護とシトー会総会」というタイトルの論文を寄稿させていただきました。博士論文で取り組んでいる内容からこぼれ落ちてしまった題材で、興味深いものは…

Germania Sacraシリーズのデジタル化

Germania Sacraと言えば,相当数がデジタル化されて無料でダウンロードできるようになっています。ここに説明が載っていますが,現在のところ新シリーズ(第2シリーズ)から48巻がPDFになっていて(一覧),それ以外は著作権の関係でまだだそうです。第3シリ…

シトー会修道院マリエンフェルト

中世修道院研究に関連して最近の文献を紹介しております。Wilhelm Kohl, Das Bistum Münster 11: Die Zisterzienserabtei Marienfeld (Germania Sacra, 3. Folge 2), Berlin/New York 2010. Germania Sacra: Die Bist?mer der Kirchenprovinz K?ln: Das Bist…

ヒルザウ修道院慣習律

修道院研究の文脈で新しい文献を一つ紹介。Corpus Consuetudinum Monasticarum XV,1-2 Willehelmi Abbatis Constitutiones Hirsaugienses, Adiuvante Candida Elvert O.S.B, Recensuit Pius Engelbert O.S.B., Siegburg 2010.クリュニーと同様に俗権からの解…

文献落掌

今日以下の文献をいただきました。じっくり読ませていただきます。・加納修編『歴史におけるテクスト布置』名古屋大学大学院文学研究科、2012年これは名古屋大学GCOEの成果。昨年9月にやった国際研究集会での報告を収めたものです。ドイツに行っていたので伺…

西洋中世学会会員の2011年度年間業績から

西洋中世学会が会員の年間業績を公表しました。自分は昨年新刊紹介を『史学雑誌』に書いたのみで、論文を公にできなかったのが心残り。今年は蓄えた分、巻き返していかないといけません。以下、そこから「中近世ドイツ史」と「中世修道院史」から、ある程度…

聖なる場所

今日の午前中はArnold AngenendtのGeschichte der Religiosität im Mittelalter, 2. Aufl., Darmstadt 2000のうち巡礼に関する箇所に目を通しました。そもそも「ヨハネによる福音書」4章19-23を見ると,女がイエスに「主よ、あなたは預言者だとお見受けしま…

Francia Beiheft

パリ・ドイツ歴史研究所が編集しているFranciaのBeiheftがデジタル化され,無料でPDFファイルをダウンロードできるようになっています(ただしまだ第30巻まで)。ドイツ人にして中世フランス史の泰斗カール・フェルディナント・ヴェルナーとヴェルナー・パラ…

Rheinische Transitzölle im Mittelalter

文学部図書館で別の文献を探しているとき,ふと目にとまった文献がFriedrich Pfeiffer, Rheinische Transitzölle im Mittelalter, Berlin 1997.A. Das Zollwesen in den Rheinlanden in fränkischer Zeit B. Die Zolltarifierung in den Rheinlanden vom 10.…

発表準備ひとまず完了

11月もあっという間に半分過ぎましたが,時間を有効に使うことができず,研究は当初の想定通りには進みませんでした。しかし,今日やっと19日に行う研究会発表の原稿とレジュメを作り上げ,もう少しきちんとさせるか,開き直るかの二者択一となっています。…

論文の翻訳計画

本日2つ目のエントリー。 中世シトー会研究をやるうえで欠かせない論文集と言えばカスパー・エルムが主催した研究集会の成果"Die Zisterzeinser. Ordensleben zwischen Ideal und Wirklichkeit"ですが,そのErgänzungsbandにKlaus Schreiner, Zisterziensisc…

雑誌『エクフラシス』第1号落掌

先日早稲田の研究会で,先日このブログで紹介した『エクフラシス』を入手。ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所の所長を務めている甚野先生から頂きました。目次はこのPDFファイルを参照のこと。 *その中から,読みたいと思っていた鈴木喜晴「14世紀修道会史…

抜き刷り落掌

先日,大変お世話になっている近世フランス史の深沢先生から以下の抜き刷りを頂きました。先生の大学院ゼミには修士1年の時から参加させていただき,学恩は計り知れません。Katsumi Fukasawa, L'histoire française moderne vue du Japon: la place incertai…

『史学雑誌 回顧と展望』2011年

遅ればせながら先日『史学雑誌』の回顧と展望のうちヨーロッパ(中世ーイギリス)に目を通しました。執筆者は赤江さん。この文の見所はその枠構造にあって、冒頭で K. Asaji, The Angevin Empire and the Community of the Realm in England, Osaka 2010. H.…

Franz J. Felten, Werner Rösener (Hg.), Norm und Realität

先日今月頭に注文した本が(ようやく)届いた。最近はamazon.jpでも沢山洋書が買えてしかも割安になったりもするので実に便利。その中からここでは本書をーまだ未読なのでさわりだけだがー紹介する。 Franz J. Felten, Werner Rösener (Hg.), Norm und Reali…

読書メモ 津田拓郎「9世紀末〜10世紀初頭のフランク王国における王国集会・教会会議」

先日第61回日本西洋史学会に行った際初めてお会いした津田さんから抜刷りを送っていただいたのでここでそのさわりを紹介させていただく。カロリング期の論文はしばらく目を通してこなかったので実に新鮮。私、今は初期中世から遠ざかっているけれども、再び…

読書メモ 西川洋一「フリードリヒ一世・バルバロッサ期の国王裁判権」

ご無沙汰しています。博論の完成に向けて尽力している中プライヴェートでも色々あり、おかげさまで充実した毎日を送っています。現在自分の受入研究者である西川洋一先生から本論文の抜刷りを頂きました。簡単に紹介致します。 西川洋一「フリードリヒ一世・…

Vom Kloster zur Residenz

Ilka Minneker, Vom Kloster zur Residenz. Dynastische Memoria und Repräsentation im spätmittelalterlichen und frühneuzeitlichen Mecklenburg, Münster 2007.1. Einleitung 2. Das Kloster Doberan als Grablage der mecklenburgischen Fürsten und He…

西欧の修道院建築

昨年修道院建築について読みごたえのある翻訳書が刊行されました。図説 西欧の修道院建築作者: ヴォルフガングブラウンフェルス,Wolfgang Braunfels,渡辺鴻出版社/メーカー: 八坂書房発売日: 2009/08メディア: 単行本 クリック: 12回この商品を含むブログ (2…

ハインリヒ5世証書集

MGHは、出版準備中のハインリヒ5世(王位1106-1125、皇帝位1111-、ザーリアー朝最後の国王)の証書集をインターネットで公開しています。http://www.mgh.de/ddhv/index.htmこのページの347 Urkundenのリンクをクリックすると一覧に飛びます。