notatione digna?

岡山大学でドイツ地域を中心に西洋史(中世史)を研究している大貫俊夫のブログ。

2015年度後期教養科目「ヨーロッパ中世史と現代日本」について

はじめに

  • 2015年度後期に初めて教養科目を担当しました。内容に歴史が織り交ぜてあれば基本的に何をやっても良いので、以前から試してみたいと思っていたやり方を導入することにしました。これが個人的にはとても上手くいったと感じたため、この記事でそれを授業の一つのやり方として提案してみます。
  • この授業の特徴は、大きく「内容」、「課題」そして「配点方法」とに分けて説明できます。そしてこれは歴史以外の専門でも応用が利きますので、もし関心を持ったら試してみていただければと思います。ただし、授業によってどういう履修者がいるかはまちまちだと思います。本授業は、ある一定の条件の履修者が集まった時に効果を発揮します。まずはその条件から考えていきましょう。

条件

  • この授業の履修者は、様々な学部の学生から構成されている方がよいです。総合大学はたくさんの学部から成り立っていますが、学部によって、そもそも大学は何のためにあるのか、授業とはどういうものであるのか、学生はてんでバラバラの考えを持っています。本授業では、そうした多様な参加者が自由に集まり、互いに刺激しあうことがとても大切になります。だからこそ、今回教養の授業を活用したわけです。案の定、文学部から医学部まで、少し文学部生が多いものの、とてもバラエティに富んだ学生が集まってくれました。
  • もう1つの条件は、大学に入りたての1年生が主体の方が良い、ということです。パワーポイントを使ったプレゼンの仕方、授業での発言の仕方、そしてレポートの書き方などがまだ身についていない状態の方が、教員として活躍の機会が多いでしょう。
  • 一般的に授業の形式は講義形式と演習形式がありますが、本授業は講義形式で、履修者は50人を超えました。以下、内容だけを見ると演習形式なのではないかと思われがちですが、ある程度履修者が多くても対応できるというのがこのやり方の利点の一つです。ただし、100人以上は多すぎるので、その場合は通常の講義をして座学してもらったほうがいいでしょう。

内容

  • 授業の各回は、以下の要素で成り立っています。
    • 担当教員によるレクチャー:今回はシーリア・シャゼル編著『現代を読み解くための西洋中世史』(明石書店、2014年)の各章を解説。以下に示したように、現代の問題につながる、社会的かつ論争的なテーマが扱われています。
      • 「犯罪と罰
      • 「拷問と真実」
      • 「社会的逸脱」
      • 「結婚」
      • 「同性愛」
      • 「性的なスキャンダルと聖職者」
      • 「労働」
    • 参加者によるディスカッション:レクチャーで扱ったテーマを踏まえて、現代日本の問題を4人くらいずつに分かれて議論してもらいます。時間があるときは「ワールド・カフェ」形式を援用し、複数回のセッションを導入します。ただし、今回はディスカッションに割ける時間が少なかったのが反省点として挙げられます。あと、教室が講義用だったので、机・椅子を自由に動かせませんでした。しかし、それはあまり本質的ではありませんので、本授業は講義用教室で十分対応可能です。
    • 参加者によるプレゼンテーション:前回扱ったテーマに即してこちらからお題を出し、1つのテーマについて4〜5人を募集(それ以上集まったら2組に)。ただし、みな学部が違うため、日常的に顔をあわせるのは不可能です。そのためLINEのグループを作ってもらって、情報共有できるようにします。1週間の準備の後、1組10分くらいで解説してもらいます。結局23グループが自発的に発表してくれたのでとても良かったのですが、反面、時間をずいぶん食ってしまいました。
    • 教員との質疑応答、コメントシート記入
  • 重要なのは、担当教員のレクチャーはあくまでディスカッションおよびプレゼンテーションに入るための枕に過ぎない、ということです。教員の解説がメインになるとただの「講義」になってしまうので、そこからは距離を置き、参加者が何かしら喋っている時間を最大限確保します。
  • ディスカッションやプレゼンテーションでは、あくまで現代の諸問題を扱います。西洋中世史について議論してもらっても無為に時間が過ぎゆくだけですので、例えばレクチャーで中世の聖職者による同性愛について話したら、現代の同性婚の問題、渋谷区のパートナーシップ、それへの抵抗運動など、テーマを細分化して議論をしてもらいます。
  • 授業の進行についてですが、例えば上で挙げた「同性愛」など、1つのテーマについて認識が十分深まったと思ったら、次のテーマに行きます。そのため、授業1回につき1テーマをこなす必要は全くありません(しかしこなした方が学生の受けは良いでしょう)。
  • これは経験的に確立したものですが、1回の授業はおおよそ「前回のテーマに関するプレゼンテーション」→「新しいテーマに関するレクチャー」→「新しいテーマに関するディスカッション」の順で進行します。

課題

  • 中間レポートと期末レポートを課します。それぞれ提出後すぐに採点し、散見される間違いなどを次回指摘します。
  • 期末レポートの締め切りは2段階用意しました。授業の最後から2回目の日までに提出してもらったものは、最終回で講評し、赤を入れたものを返却します。最終回の日に2回目の締め切りを設け、こちらは、1回目の締め切りまでに出してもらったものより配点を10点下げます。岡山大学の学生の場合、大半が1回目の締め切りに間に合わせてくれます(読むのが大変です・・・)。

配点方法

  • 配点方法は以下の通りです。
    • 自発的な発言(1点〜):「発言ルール」として、①1回発言したら1点(コメントシートで自己申告)、②同時に手を上げたら前に座っている人を優先、③発言による点数に上限なし
    • グループでのプレゼンテーション(1回につき10点)
    • 中間レポート(10点)
    • 期末レポート(50点or40点)
  • ここで特徴的なのは、自発的なアクションにどんどん加点していく点にあります。何か発言したら1点。プレゼンをしたら10点。これらを天井を設けず与えていきます。そのため、期末レポートを待たずしてすでに80点を超える人が出てきました。逆に言えば、自発的にアクションを起こさなければ、レポートで満点をとらない限り単位は出ません(つまり事実上落とす)。
  • 毎回コメントシートを提出してもらいましたが、それそのものには加点していません。つまり、出席点はゼロ。コメントシートは、学生の理解度や関心のありかを知るために、そして発言回数の自己申告のために出してもらいました。
  • 特にこの発言ルールは、塩澤一洋先生がお書きになっているブログshiologyの記事(3661-140430 講義開始前に座席が前から埋まる教室の仕組み)を参考にさせてもらいました。ここに書かれているやり方はどれも共感するものばかりです。
  • その他のルールとして、①人に迷惑がかからない限り飲食自由、②すぐ調べられるようノートパソコン、タブレットスマホなどを出しておくこと、の2点を提示しました。

問題点

  • やはり学生にはそれなりの姿勢が求められる授業であろうと思われます。基本的に「授業に出なくても単位」、「授業出たとしても後ろの方でスマホいじっていても単位」・・・という類の授業に人気が集まるものです。それが学生の心理であることは承知しています。しかし、この授業はそういう学生を最初から排除します。そのため、あまり寛容ではないという点が本授業の最大の問題点でしょう。
  • 学生は常にアクティヴさを求められます。配点にそういう工夫があり、参加者は初回にそれを見抜けたかどうかが試されています。うまく見抜いて「あ、これは楽ではない」と思った人はよその授業に行ったことでしょう。
  • 点数の集計は、TAのお手伝いなしには不可能でした。
  • あと、中国人留学生が7人ほど履修していました。日本語でのディスカッション、プレゼンテーション主体の授業は辛かろうと思いました。しかし、例えば死刑制度や労働問題について、中国ではどうなっているのか報告してもらったりして、日中の学生同士とても勉強になったのではないでしょうか。「大学のグローバル化」の意義を初めて実感しました。

試してみて

  • 「人を選ぶ」授業形式だったにもかかわらず、最終的に80人が履修登録し、うち50人に単位を出すことができました。常にアクティヴに参加してくれていたのは30人くらいでしょうか(出席点は取らないので、それなりの人が休みます)。つまるところ、この30人は好奇心が強く、積極的に発言をし、巧拙はありますがある程度の水準の文章を書けます。きっと今後も各学部で活躍してくれるのではないかと思い、そういう学生たちと濃密な水曜1限を過ごせたのはとても幸せでした。
  • こうした形式に抵抗感がある先生もおられると思いますが、座学が圧倒的に多い講義形式の授業でもこういうことができますよ、というご提案でした。フィードバックを頂戴できると嬉しい限りです。

「映画「バベルの学校」上映会+意見交換会のお知らせ

f:id:barbarossa0728:20160114091056j:plain

12月に引き続き、2月5日(金)にこのような映画上映会が開催されます。今回はほとんど運営に関わっていませんが、多くの方にお越しいただければと思います。

 

 近年、フランスは「多様性」に揺れている。シャルリー・エブド襲撃事件、パリでの「テロ」、反イスラムや移民排斥を掲げる政党、国民戦線(FN) の躍進…。
 一方で、今日も多くの移民がフランスにやって来て生活を始める。「バベルの学校」は、アイルランドセネガル、ブラジル、モロッコ、中国など世界中から フランスに来て、新生活を始めた10代の若者が過ごすある中学校の適応クラスを対象にしたドキュメンタリー映画。多様な文化や宗教をもつ彼・彼女らは、そうした違いをどのように受け止め、乗り越えようとするのだろうか。

 上映後には、フランスの適応教室についての解説と岡山の在日ブラジル人コミュ ニティの暮らしについてもコメントをいただき、「多様な社会」について参加者で意見交換を行う予定です。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

【日時】2016年2月5日(金)17:30-20:30
【場所】岡山大学津島キャンパス 文法経1号館10番教室

【コメント】
譚俊偉(「総社市役所人権まちづくり課 多文化共生推進委員・総社ブラジリアンコミュニティ&インターナショナルフレンズ)「岡山に暮らすブラジル人の若者たち」

金子真(岡山大学文学部准教授)「フランスの適応教室について」

【対象者】どなたでもご参加いただけます。
【申込方法】申込不要
【参加費用】無料

「バベルの学校」website
http://unitedpeople.jp/babel/

主催:2015年度岡山大学文学部プロジェクト研究
国家・言語・文化の「境界」をめぐる学際的研究&貧困とマイノリティ/マージナリティ:人文・社会諸科学による学際的アプローチ

問い合わせ先
  岡山大学文学部 髙谷幸 TEL: 086-251-8538 E-MAIL: takayasachi@okayama-u.ac.jp
          大貫俊夫 TEL 086-251-7412

 

 

 

 

Lexikon des Mönchtums und der Orden

今年はなるべく専門の修道院研究について、たくさん発信していきたいと思います。

昨年は予算がついたこともあって、目に付いた修道院関係のリファレンスをできる限り購入しました。そのうち幾つかを紹介していきます。

Isnard W. Frank OP, Lexikon des Mönchtums und der Orden, Stuttgart 2005, 2013.

http://www.reclam.de/data/cover/978-3-15-019146-0.jpg

Johanna Lanczkowskiが作ったKleines Lexikon ... (1993)をFrankが2005年に改訂、それが2013年にレクラム文庫としてペーパーバック化されました。H-Soz-Kultに2005年版の書評があります。

I. Frank: Lexikon des Mönchtums und der Orden | H-Soz-Kult

全626項目ですし、項目ごとに参考文献は掲載されていませんが、巻末の文献目録はそれなりに有用です。記事は年号がしっかり記載されているので、パッと引きたいときに便利ではないかと思います。冒頭に修道院史を記述したEinleitungがついています。

新年の抱負2016

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年の記事を見て、ちょうど1年前に振り返りと抱負を書いたのを思い出しました。昨年はいかに抱負の通りにできなかったのかを反省するためにも、今年も同じことをしたいと思います。

f:id:barbarossa0728:20160102095749j:image

昨年の研究・教育活動は、主だったところで以下の通りです。

1月:井上周平さんによるゲスト講義
   分担をやっている科研費プロジェクトの研究会(@岡山大学)で報告
3月:「近代史の現在」シンポ(@福岡大学)でコメント
   書評1本刊行
7月:国際中世学会(@リーズ大学)で報告
10月:早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉(@早稲田大学)で報告
11月:論文1本、書評1本刊行
   講演会「女性の貧困」開催(@岡山大学
12月:トレント・ワークショップで報告(@イタリア・ドイツ歴史研究所)
   映画上映会「『首相官邸前で』ー反原発デモと人文学」(@岡山大学

まずは研究面から。去年書いた通り、ひとまず査読誌に論文を1本のせることができたのは良かったです(「盛期中世におけるシトー会修道院の小教区=農村共同体形成への関与に関する研究」)。これはresearchmapでダウンロードできます。

あと専門に近い2冊の本(ジャイルズ・コンスタブル(高山博監訳)『12世紀宗教改革:修道制の刷新と西洋中世社会』杉崎泰一郎『修道院の歴史ー聖アントニオスからイエズス会までー』)の書評を書かせてもらったのも、自分の問題関心を言語化できたという意味でも有益でした。コンスタブルの方は機関リポジトリからダウンロードできます。

7月以降の口頭発表は、先程の査読論文と同様、いずれも現在2年目の個人科研による成果です。基本的な内容はかぶるのですが、少しずつヴァージョンアップすることができました。今後はもっと事例を網羅的に集めて、新しいフレームワークの中に落とし込んでいきたいと考えています。来年がこの科研の最終年度なので、あともう一踏ん張りです。

f:id:barbarossa0728:20160102095902j:image

昨年、こんなことを書いていました。

研究面における新年の抱負として、まず何より執筆活動とそのための勉強に専念します。一つは博士論文の刊行に向けた修正作業。これはとにかく迅速に進めないといけません。それが終わったら、去年出版社の方と話だけは進めておいたプロジェクトに全力を注ぎます。

そういうこともあって、昨年沢山行った口頭発表は極力減らすつもりでおります。現段階で3月に西の方でコメンテーター的なお仕事が決まっていますが、それくらいにとどめておきたいのが正直なところです(実際蓋を開けてみたらどうなるか全くもって分かりませんが・・・)。

いやー、未来のことって本当によく分からないですね!この抱負は一顧だにされず、結果としてトレントまで行って貴重な経験をさせてもらいました。巡り合わせといいますか、成り行きといいますか、そういうもののありがたさを実感しております。

しかし、今年もこの調子だと信頼して待ってくれている方々に面目が立ちません。そのため今年は、①ドイツ語単著(2016年1月末締め切り)、②日本語単著(2016年夏までに目処を)、③翻訳書(2017年1月締め切り)の3つの課題に専念し、外でのお仕事はお引き受けしないようにいたします(と、今年も言っておく)。それとは別の事情もあり、あまり学会、研究会にも顔を出すことはないでしょう。慶應でやる日本西洋史学会は諸事情により参加しますが。

f:id:barbarossa0728:20151210094549j:plain

教育面では、まず「西洋史講義」に畏友井上さんを呼べたのがとても刺激的でした。あとは昨年の宣言通り、中世史の分野で卒論を書く人向けの演習を通年で開講できたのも大きな変化。これは来年も継続して、今度は大学院生と一緒にやろうと思います。

大学院生と言えば、来年は中近世史で念願の大学院生が2人入ってくれる見込みです(内部1、外部1)。まだ卒論を書いているところで、研究能力がどこまでのものになるのか未知数ですが(それが9月入試の問題点)、いろいろなことに関わってもらいつつ、一緒に勉強できればいいかなと。

岡山大学は来年度から、どこよりもラディカルな改革を行って60分授業・4学期制を導入することになりました(主要大学の多くで4学期制はやるようですが、60分はさすがに・・・)。しかし、1コマ60分にするメリットは結構あると感じています。その一環として、来年後期に開講する「西洋史講義」は、これに「人文学インタラクティブ講義」という60分1コマの新設科目をくっつけて、実質3コマでやっていこうと思っています。英米で採用されている講義形式ですが、3コマ目はTAにも手伝ってもらいながら少人数でディスカッションをします。年末はこれをやろうと思い立ち、まず賛同して一緒にやって下さる先生に声をかけ、制度的に可能にしてもらうため執行部の先生方にかけあっておりました。おかげさまで、岡山大学文学部では4つの授業でこの新形式を志向する見込みです。どうぞお楽しみに。

以上をもって新年の抱負とさせていただきます。とにかく楽しみながら、ある程度ゆとりを持って。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

映画上映会「『首相官邸の前で』ー反原発デモと人文学」報告

12月17日に行った映画上映会「『首相官邸の前で』ー反原発デモと人文学」は130人ほどの来場者を得て無事終了しました。

報告文を文学部ホームページに上げましたので、よろしかったらご覧下さい。

www.okayama-u.ac.jp

 

こういったイベントの運営ではいつも何かしら問題が起こるのですが、今回は結果として会場での意見交換がしっかり行われ、むしろ製作者の意図にかなったアフタートークになったのではないかと思います。

映画上映会&講演会「『首相官邸の前で』ー反原発デモと人文学」のお知らせ

f:id:barbarossa0728:20151203155557j:plain

 

年内のイベントとしてはこれが最後になります。参加者として学生に限定はしませんが、なるべく多くの学生に来てもらい、意見交換をしたいと思います。

このイベントの目玉は小熊英二さんのスカイプ出演です。イベントでスカイプ中継をするのは初めてなので、技術的にうまくいくか、事前に予行練習しておかないといけません。イタリアから帰ってきてすぐに対応できるか不安ですが、頑張ります。

 

【日時】2015年12月17日(木)18:00~21:00

【場所】岡山大学津島キャンパス 文法経講義棟20番講義室

【テーマ】「首相官邸の前で」 ―反原発デモと人文学

【内容】

 映画上映 「首相官邸の前で」(2015年、企画・政策・監督 小熊英二

 講演会(Skype出演) 小熊英二慶應義塾大学総合政策学部教授) 

【概要】
 2015年夏、国会前は人であふれ返った。安保法案に反対する人々が集ったからである。しかし、実は日本における社会運動の転機は「密かに」2012年夏に起こった。本作は、原発政策に抗議するデモの様子を記録したドキュメンタリーである。デモには性別も世代も立場も異なる人々が20万人集まったにも関わらず、ほとんどマスコミに取り上げられることはなかった。その映像記録と8人の体験談を織り交ぜた本作は、戦後日本の代表システムと報道メディアの機能不全、市民社会の成長と停滞、高度成長を果たした日本経済が抱える矛盾と貧困問題―そしてそうした問題を観察・考察し続ける人文学のあり方について考える機会を与えてくれる。本イベントては、映画観賞後に監督の小熊英二さんにスカイプを通して講演をしていただき、さらに参加者による意見交換を行う予定である。

【対象者】どなたでもご参加いただけます。

【申込方法】申込不要

【参加費用】無料

主催:岡山大学文学部
   2015年度岡山大学文学部プロジェクト研究「貧困とマイノリティ/マージナリティ:人文・社会諸科学による学際的アプローチ」

 

 

 

国際シンポジウム「中近世の宗教史-ヨーロッパと日本からの視角」

科研費基盤A「ヨーロッパ中近世のキリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角」(代表:甚野尚志 早稲田大学教授)の一環で、今度の日曜日から1週間イタリアに行き以下のワークショップで報告してきます。先ほどやっと報告原稿が出来上がり提出したので、ずいぶん気が楽になりました。

Fernanda Alfieriさんとお会いするのも楽しみですし、イタリアのシトー会研究者Guido Cariboni さんも参加するので、とても有意義な研究交流ができそうです。

 

f:id:barbarossa0728:20151130170144j:plain

 

Medieval and Early Modern Religious Histories: Perspectives from Europe and Japan

Second Meeting
Trento, 11-12 December 2015

11 December 9.30
Welcome and Introduction
Paolo Pombeni (FBK-ISIG, Trento)
Takashi Jinno (Waseda University, Tokyo)
Fernanda Alfieri (FBK-ISIG, Trento)

Session I: Politics and its Narratives
Chair: Fernanda Alfieri
Takashi Jinno (Waseda) Political Metaphor and Imitation of Nature in the Medieval “ Mirrors for Princes”
Serena Ferente (King’s College) The Body Politic and its Passions in Late Medieval Italian Political Languages
Elena Bonora (Parma) - Animal Imagery in Sixteenth century Italy: a Political Use
Taku Minagawa (Yamanashi) Peace-understanding of the Political Theologians of Holy Roman Empire in the End of the Religious War
Federico Barbierato (Verona) Political Astrologers and the Cabinet of Providence. “Popular” Politics, Public Discussions and the Rheme of Secrecy in Early Modern Italian Towns

11 December 15:00
Session II: Encounters
Chair: Takashi Jinno
Toshio Ohnuki (Okayama) - Comparative Study on Contributions of the Cistercians to the Communal Life of Parishes in Medieval Germany
Guido Cariboni (Università Cattolica) The Cistercian and the Laity in the Thirteenth Century Italy. The Familia Monastica
Kazuhisa Takeda (Waseda) Introducing Christian Social Discipline among the Amerindians: the Confraternity System in the Jesuit-Guaraní Missions of South America
Michela Catto (FBK-Isr)- Intellectual Independence of the Philosophes: Tolerance and Dignity in the Jesuits’ Letters from China

12 December 9:30
Session III: Perceived bodies
Chair: Federico Barbierato
Giovanni Ciappelli (Trento) The Body in Early Modern Egodocuments. Representation and Identity Construction
Fernanda Alfieri (FBK-Isig): Mapping the Body for the Salvation of the Soul. Spanish Scholasticism on Marriage and Sexuality
Mayuho Hasegawa (Tokyo) An Anatomist’s Gaze on Bodies and Skin in Early Eighteenth Century: Perception of Mind and Body in Transition

Final discussion perspectives and projects
Lucia Dolce (Soas, London)

11月20日公開講演会「「女性の貧困」を考える」

f:id:barbarossa0728:20151104145128j:plain

 

3年目になる岡大文学部の〈貧困〉プロジェクトで、立命館大学の丸山里美さんをお招きして「「女性の貧困」を考える」という講演会を開催します。同僚の高谷さん(社会学)がコーディネートして下さり、感謝感激です。


日時:2015年11月20日(金)17時〜19時
場所:岡山大学津島キャンパス文法経1号館2F会議室

 

参加費無料、申込不要でどなたでも参加できますので、みなさんぜひご来場下さい。なお、コメントとして岡山・ホームレス支援きずなの豊田さんにもお話を頂戴します。去年の児童養護施設に関してもそうでしたが、このプロジェクトではなるべく岡山で活動されている方の生の声を聞きたいと思っています。
〈貧困〉プロジェクトは、社会学文化人類学から文学にいたる様々な領域の先生とともに、「貧困」が発生する社会の条件や「貧困」についての認識・表象などを考えることを目的としています。今年度はその他に映画上映会&講演会を2回開催する予定ですので、詳細が決まりましたら随時ご報告いたします。